<< ぐだぐだだけど心構えというか心掛けというか | main | 【鬼ガエルは旅に出ました。2012/10/11】 >>

スポンサーサイト

  • 2015.09.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


触れない訳にはいかないでしょう-鬼ガエルの裁定-

Q:三つ目の効果のコストとしてこのカードを手札に戻しました。 再びこのカードを特殊召喚し、もう1度三つ目の効果を発動できますか?

A:この効果を適用できるのは1ターンに1回だけです。 ご質問の状況でも、もう1度《鬼ガエル》の効果を発動する事はできません。(12/10/04)


実際にこの裁定で公認にでてみたところ、勝ちはしましたが不自由が多い。
今ためしているムーラン型ではどうしても攻めが1ターン遅れることが判明し、また他の問題点からもやむなく減らすことに。

ぼくが感じた具体的な問題点をあげてみましょう。

1.先攻で鬼SSから黄泉落とし、返し伏せてエンドの2ターン目

細かく限定されているように見えますが、実はこのパターンはよくあります。しかもあまりやることがありません。
自分はこの状況では帝はメビウス以外は投げないので、それがない場合は鬼NS→戻してSS→戻してエンドの場合が多かったのですが、これができません。

2.鬼を含めてカエルを3枚握った時のフェニクスフェニクス

奇襲としてやることがよくありました。
警告食らっておけばキル圏内だということに変わりはないのですが、ガイウスなどのバーンを用意できる以上、削れる時に削れなくなるのは少しきつめです。

3.手札に余った水属性の処理方法の減少

これがムーランを減らす間接的な要因になりました。
ムーランを複数積んだ理由は多々あるのですが、それを可能にしたのは「腐っても鬼ガエルで捨ててカエルを補充できる」という利点があったからです。
メビウスやグリズリーもそれがあっての複数採用ですので、できる回数が少なくなると単純に回転が悪くなります。強いけど腐る可能性があるってモンスターは以前よりも採用し辛くなりました。

4.場のモンスターを回収しつつブラックミストを立てる

これもあまり多くないパターンですが、かなり重要なプレイング。
手札に鬼2枚あるときにライダーからヴェーラー蘇生、次ターンに
鬼NS→粋SS→粋回収から鬼SS→粋SS→ヴェーラー回収でミスト
これでカラクリや聖刻相手に取れるセットがあります。
特にジャンクロンが入った型だと、ジャンク鬼の2枚スタートからジャンク回収で消費が鬼1枚のミスト。非常に強い動きでした。



以上を踏まえると、西日本の主流である帝依存型はあまりかわらず、逆に私のようなカエル中心型は多少なりとも西よりもダメージが大きいと思われます。
今後どのような形にするかの目処がついていませんが、少なくとももう少しは続けてみるつもりです。

スポンサーサイト

  • 2015.09.28 Monday
  • -
  • 19:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
知りませんでした←
まさかの、それもかなりの痛手ですね…
何だかんだ頻繁に使われる効果であるのは間違いないですし
  • パッチョ
  • 2012/10/08 9:24 PM
初めまして。
自身もムーラン3積みの帝を作っていてCS出ようとしていたのでショックが大きいです…
  • しゃちく
  • 2012/10/10 11:07 AM
>パッチョさん
単純なパワーダウンにしかなりませんもんね。
鬼は自身を戻すことが一番多いので厳しいです。

>しゃちくさん
自分もレシピの通り、ムーラン3枚をいじっていた所でした。これではもう3枚積めませんね。出せるターンが遅くなるので威力が落ちます。
  • あどあすとら
  • 2012/10/11 1:03 PM
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM