スポンサーサイト

  • 2015.09.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【鶴ヶ島CS使用デッキ:カエル帝 5/4】

カオス・ソーサラー
バトルフェーダー ×3
パペット・プラント ×3
ヴェルズ・コッペリアル ×3
冥府の使者ゴーズ
増殖するG ×3
砂塵の悪霊 ×2
粋カエル ×2
速攻のかかし ×3
邪帝ガイウス ×3
鬼ガエル ×3
魔知ガエル ×3
黄泉ガエル ×3

サルベージ
トランスターン ×2
ブラック・ホール
死者蘇生

ギョッ!
マインドクラッシュ


シャイニート・マジシャン
No.96 ブラック・ミスト ×2
ガチガチガンテツ ×2
ダイガスタ・フェニクス ×3
聖光の宣告者 ×3
ガントレット・シューター
セイクリッド・トレミスM7
甲虫装機 エクサビートル
迅雷の騎士ガイアドラグーン


エレクトリック・ワーム ×3
ホルスの黒炎竜 LV6 ×3
ホルスの黒炎竜 LV8
ライトロード・ハンター ライコウ ×2
氷帝メビウス
サイクロン ×3
大嵐
マインドクラッシュ


この構築で魔導に取れませんでした。征竜はとれました。
細かくはそのうち書きますが、質問とかあれば答えたいと思います。

レポとかまとめて

おことわり。


今期は詳しいレポを乗せるつもりはあまりありません。

魔導にはジョウゲンゲーテを超えられるかどうか。征竜は超再生などの物量に負けないかどうか。

という勝負にしかなりません。

伏せをはがすことや相手の手札を予測する、ケアしたプレイングをとりにくいです。なぜならお互いのリソースがほぼすべて見えているから。
神判からの魔導書がいっぱいとかサーチした征竜がいっぱいとか。

明らかなプレミ、または印象的な試合のみ少しコメントを載せる程度にします。


ヨッCS
使用:4軸炎星
征竜××
先攻再生4から嵐
後攻再生5から嵐
ギアバレー××
相手初手ギアフレ歯車リミ解ブラホ嵐
手札1からトップリミ解
こわくま×○ED×
シシン3引いて炎舞がありません。

鶴ヶ島CS
A.あどあすとら B.ざべる C.モノノフ
使用:カエル
征竜○○チーム○○○
魔導ぐるーみーさん××チーム×××
炎星××チーム×××
征竜×○○チーム○○○

彩CS
A.yu-ky
B.あどあすとら
C.クルス
使用:征竜
魔導にわとりさん×○ー チーム×ー×
征竜じぇるさん○ チーム×○○
魔導○×ー チーム×ー×
征竜○○ チーム×○○


GWはいろいろなデッキを使いました。

個人的に特筆すべきはやはりカエルでしょうか。魔導耐性がまるでないのでパペプラを3枚いれていきましたが、結果はご覧の通り征竜に強くなっています。2-2。まぁこの環境にしては許容範囲じゃないんですかね。納得はしてませんけど。

使った征竜は借り物です。個人的に気になった点をいくつか修正して出ました。結果は2-0-2なのでまぁ満足。

炎星はただの嵐ゲーでした。黒歴史です。


おつかれさまでした。

振りカエル

お久しぶりです。
春休みも終わり、時間もかなり少なくなってきました。できるかぎり遊戯はしていきたいなとおもいますが、かなり悩んでいます。


カエルを使ってきてもう5年になるでしょうか。
初めはファンデッキの域を出ないものでしたが、次第に不思議な魅力に取り付かれてCSにも持っていくようになっていました。

前期においては、念願のDuel Entranceにもカエルを載せることができましたし、この辺りから「カエルの人」として少しずつ覚えてもらえるようになりとても嬉しく思います。



カエルは制限改訂で二度死にました。
一度目はイレカエルが。
二度目はフィッシュボーグ・ガンナーが。
その度に新しいパートナーを見つけ、毎期間かならず誰かがEntranceにレシピを載せてきています。


そして今期。
この5年で初めて限界を感じています。
カエルにとって強敵であった3軸炎星と水精鱗がまるで赤子の手をひねるように踏み潰されている様子を目の当たりにし、ただただ呆然とするばかり。


光と闇の竜を扱えることは個性ではなく、征竜の方が強いライダーを使えます。カエルのライダーが問題としていた部分をいとも容易く解決していました。

リリース素材が優秀であったのも過去の話。昔から除外と特殊召喚封じは禁忌でした。それらを扱うデッキが環境トップにいる以上、勝てる可能性は現時点では皆無です。



以来とりあえず水精鱗を調整していますが、実はそちらもかなり限界を感じました。戦えるデッキがないのです。



まもなく新弾が発売します。
セイントデクレアラーはカエルの救世主となってくれるのでしょうか。

マーメイルのループ※無限ループではありません。

※無限ループではありません(二回目
ループじゃねぇじゃんとか言わないでください。



最近レシピ投稿が多めになってしまっています。申し訳ありません。


ひとつ前の記事にループ型マーメイルというものをあげました。まだ調整しているところなので完成形とは言えませんが、やりたいことはできるようになっています。



構築のスタートはアビスコールの存在です。3枚蘇生が弱いはずはなく、エンド自壊であってもアビスリンデを絡めることができるので損がありません。となれば使われない理由は

1.墓地にマーメイルが3枚たまらない。
→テンプレのマーメイルは多くて8〜9枚しか入っていなく、タイダルディーヴァメガロで倒すことも多い。となれば、コールを使う余裕はない。

2.リンデが確保できない。
→マーメイルが3枚溜まったとしても、この中にリンデがいないとコールでアドを稼げない。


などでしょう。
逆に言えばこの2点を解決できるのなら使用する価値があるのではと考えました。

そこで現れたのがこのトビウオお姉さん。
《水精鱗 マーメイル −オーケアビス 》
効果モンスター 星3/水属性/水族/攻1100/守1900
自分のメインフェイズ時、 自分フィールド上の「水精鱗」と名のついた モンスター1体を選択して発動できる。 レベルの合計が選択したモンスターのレベル以下となるように、 デッキからレベル4以下の「水精鱗」と名のついた モンスターを任意の数だけ特殊召喚する。 その後、選択したモンスターを墓地へ送る。 「水精鱗−オーケアビス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


何が変わったかというと、初手に自身対象でアビスリンデを呼べること。初動の安定とマーメイルの水増しを目的としました。

ループ要素に入ります。初手リンデかオーケからスタートが理想。


リンデ→スパイクからウンディーネサーチ
2ターン目ウンディーネ召喚からメガロサーチで出す
コールサーチでセット

3ターン目コールでリンデスパイクメガロ
コントローラー召喚からドゥロ、スパイクメガロ回収(フィアー絡むとグンデフィアーまで回収)
適当に捨ててメガロ、コール回収

2、3回ループします。


このタイプの利点は

ジェネコンを活かせること
+αのルートがとても多いこと
初手のモンスターの質に関わらず同じルートに入れること


リビデ、フィアー、タイダル、アーチャー、ドラゴンアイス、グンデ、海皇、サルベなどのカードが全てプラスで絡むことができますし、アーチャーが主体ではないので場に残ったモンスターも利用できますね。

極論ですが、リンデ3とか引いてもこの動きに持っていくことができます。
またこのルートは最速を目指す動きなので、以前のアーチャーマーメイルと同じ戦い方をしつつ、引いたコールから攻めていくことも可能です。そっちの方が強いかな?
もとのアーチャー型がコントロールだったので、初動の安定と速度のアップにはかなりの価値があります。

が、あくまでもマーメイルとして、の話です。
征竜と魔導が揺るぎない環境トップとして居座っている以上、マーメイルには勝てない理由があるのもまた事実。

方向性のひとつとして捉えていただければと思います。強いデッキを求めているなら素直に征竜魔導を使いましょう。ぼくはマーメイルを使いますが。

以上です。
お付き合いいただきありがとうございました。

【ループ型マーメイル】

ジェネクス・ウンディーネ ×3
ジェネクス・コントローラー ×3
ドラゴン・アイス
フィッシュボーグ−アーチャー ×2
水精鱗−アビスグンデ ×3
水精鱗−アビスタージ
水精鱗−アビスパイク ×2
水精鱗−アビスリンデ ×3
水精鱗−オーケアビス ×2
水精鱗−メガロアビス
水精鱗−リードアビス
海皇の狙撃兵
海皇の竜騎隊 ×2
海皇の重装兵 ×3
瀑征竜−タイダル ×2

サルベージ
ブラック・ホール
大嵐
封印の黄金櫃
死者蘇生

アビスコール ×3
アビスフィアー ×3
ブレイクスルー・スキル ×2
激流葬 ×2

No.17 リバイス・ドラゴン
水精鱗−アビストリーテ
発条機雷ゼンマイン
バハムート・シャーク
No.11 ビッグ・アイ
幻獣機ドラゴサック
水精鱗−ガイオアビス
氷結界の虎王ドゥローレン ×2
獣神ヴァルカン
ブラック・ローズ・ドラゴン ×2
氷結界の龍 グングニール ×2
クリムゾン・ブレーダー

【マーメイル改良版3/17】

ヨッCSを踏まえて。
いろいろ実験も兼ねてますが、とりあえず今使ってる形を。

瀑征竜−タイダル×3枚
氷霊神ムーラングレイス
水精鱗−リードアビス
水精鱗−アビスリンデ×3枚
水精鱗−アビスパイク×2枚
水精鱗−アビスグンデ×2枚
水精鱗ーオーケアビス
水精鱗ーアビスタージ
海皇の竜騎隊×3枚
海皇の狙撃兵×2枚
海皇の重装兵×3枚
フィッシュボーグ−アーチャー×2枚
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
ドラゴン・アイス

封印の黄金櫃
大嵐
死者蘇生
サルベージ×3枚
ブラックホール

アビスコーン
ブレイクスルー・スキル
アビスフィアー×3枚
リビングデッドの呼び声×2枚

前の形よりは強いとおもいます。

【ヨッCS使用マーメイル2/24】

モンスター(32枚)
瀑征竜−タイダル×3枚
氷霊神ムーラングレイス
水精鱗−メガロアビス×2枚
水精鱗−アビスリンデ×2枚
水精鱗−アビスパイク×2枚
水精鱗−アビスグンデ×2枚
水征竜−ストリーム
海皇の竜騎隊×3枚
海皇の狙撃兵×3枚
海皇の重装兵×3枚
フィッシュボーグ−アーチャー×2枚
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚


魔法(7枚)
封印の黄金櫃
大嵐
死者蘇生
サルベージ×2枚
サイクロン×2枚


罠(6枚)
ブレイクスルー・スキル×3枚
アビスフィアー×3枚


エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ
No.17 リバイス・ドラゴン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン×3枚
幻獣機ドラゴサック×2枚
水精鱗−ガイオアビス×2枚
発条機雷ゼンマイン×2枚
氷結界の龍 グングニール×3枚


サイドデッキ
D.D.クロウ×3枚
サイクロン
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
異次元への隙間×2枚
砂塵の大竜巻
聖なるバリア−ミラーフォース−×2枚
速攻のかかし×3枚


制限改訂後すぐは環境が固まらないのが普通ですが、今回ばかりは事情が違います。制限改訂で唯一消滅したゼンマイはすでに姿を消していたため、いままでの環境に魔導がプラスされるだけという形になりました。
前期から引き続きの環境トップ「炎星」「ヴェルズ」「水精鱗」
新宿杯で実力を見せつけた「魔導」
魔導の対抗勢力「六武衆」
征竜の力により爆発力を得た「ドラグニティ」
このあたりを視野にいれていました。

・デッキ選択
各種征竜が現れ、その中でも最弱と言われていた瀑征竜−タイダル。ですが、練っていたアーチャー型においては待ち望んでいたカードでした。
アーチャー型の最大の欠点は初動のなさ。アーチャーを落として毎ターン安定した動きを取れるようになるまでが若干不安定でしたが、これを解決してくれます。

さらに追い風となったのが、炎星の台頭と水精鱗の衰退。
アーチャー型の最大の利点は場を荒らす力が高いこと。ヴェルズ、炎星、六武衆に比較的強いので使う理由としては文句なし。

・構築
基本的な部分は他の水精鱗使いに任せます。書きたいところだけ。

採用カード

水精鱗-メガロアビス
2枚は不要。このデッキは毎ターン確実に海皇を捨てていくので2回ほしい場面がないこと。また、タイダルの存在からランク7も出しやすいため、複数採用の理由はありませんでした。

水精鱗-アビスグンデ
アーチャーのコストにすることで
スパイク蘇生→水☆3サーチ→ブラックローズ後モンスター召喚
メガロ蘇生→アーチャーリリースで4800
というパターンが組めます。文句なく最強パターンのひとつです。

ジェネクス
最近の水精鱗では見ないことも多いです。ぼくも1度は抜きました。
アーチャー型においてはコントローラーはリバイスorゼンマインになることができます。また上記のグンデスタートからはグングニールも組めるため、サーチしたコントローラーはコストとして使えば無駄がありません。
ウンディーネのパワーは高く、コントローラーをうまく処理できるので採用しなおしました。

水征竜-ストリーム
封印の黄金櫃
櫃は単純に1アド稼げます。タイダルが手札に来ることが重要で、アーチャーを落とすためにも使うのでディスアドを軽減してくれます。必須パーツということではありません。櫃からの選択肢としてストリームをピンで採用。

ヴェーラー
少なくともメインにはまったくいりませんでした。ヴェーラーとしての強さしかなく、このデッキであればドラゴンアイスやGなどもっと強い防御カードがあると思います。

ブレイクスルースキル
シエン、バウンサー、スターダスト、ナチュルビースト他、各種破壊耐性持ちを無効にしてくれます。正直ここまで仕事してくれるとは思っていませんでした。返しのローズによるリセットを補助。エンドサイクでも仕事をしてくれるため、デッキとの相性がよいです。

速攻のかかし
魔導戦で働きます。魔導の勝ち筋であるジュノンからの1キルを止め、ローズで流します。ドロールなども試しましたが、自分としてはこれが最適なように感じました。


不採用カード

深海のディーヴァ
これが今回の大きな違いかと思います。ディーヴァはヴェーラーの最も撃たれやすい部分であり、メガロアビスとセットの時に真価を発揮します。裏を返せばメガロが弱いデッキであれば使いにくいということで、ヴェーラーが多いこの環境ではケアすることを前提で動かなければならないため抜きました。欲しいシーンもありませんでしたし、現在のままであればこの先も採用は考えにくいと思います。

貪欲な壺
初手が弱いこと、エクストラに戻してもう1度使いたいカードも特にないことから。

ドラゴンアイス
ヴェーラーと迷っていましたが、ヴェーラーの丸さを取ってそちらを採用。コントローラーを使って8シンクロまでつなぐことができるので、こちらのほうが強いです。現在は採用しています。


あまり書きすぎてもつまらないのでここまでにしておきます。完成形というわけでもありませんし。
久しぶりにカエル以外のデッキを使いましたが、パワーの高さを感じました。多少の構築ミスやプレイングの甘さがあっても勝ててしまいますね。この先はなにを使うかわかりませんが、しばらくCSの予定もないので楽しい遊戯王をしていきたいと思います。

おはようございます

アレキサンドライトカップ行ってきます。

ちなみに前哨戦のヨッCSはマーメイル使って
暗黒○○
六武○○
よしえくん○×○
住職さん六武×○○
寝太郎くん天使○×○

トナメ
ドリアンさん暗黒○○
マルチさん三軸炎星×○ED×

でベスト8でした


今日もがんばります。

適当日記。

退院してました(挨拶


新弾も新制限もでましたね。これと言ってコメントすることはないです。
しいて言えばカルート3枚は(^q^)ですね。
ゼンマイティ禁止だしゼンマイ帝でも組みましょうか((韻を踏む


まーめいるがかからなかったせいで使いにくくなるのが残念ですね。今期はまーめいるを使う予定だったのでかかって欲しかったですが。


鷹の目とヨッCS行きます。ところが使うデッキがありません。魔導を借りる可能性あり。

ADSやってます。
そっちの方では魔導、まーめいる、聖刻を主に回してます。名前は最近隠すようにしましたw

つい最近カエル帝と当たりました。
水霊術とか入ってたので「使いにくくないですか?」と聞いてみたら「いれないで勝つのは無理です」と言われました。



( ・ ω ・)



もっとがんばりましょう。
おしまい。

LTGY注目カード考察2

第2弾。
初回は有名カードのお勉強、という形になりました。
今回は知らなくても困らないであろう注目カードを個人的視点で書き殴ります。おもしろいカードというよりは、実用化できるレベルのカードです。個人的趣味はあまりにもくだらないので今回は書く予定はありません。
ぼくと遊戯するときは知っておきましょう((

LTGY-JP007「シャークラーケン」星6 水 魚族 2400/2100
このカードは自分フィールド上の水属性モンスター1体をリリースし、手札から特殊召喚できる。

カエル帝の歴史に残る強カードだと感じました。いままでなかった2手目を用意できます。
皿のように光と闇をいれて構築がゆがむなんてこともありません。とりあえず3枚いれて回すことを検討中です。


LTGY-JP042「調星師ライズベルト」星3 風 サイキック族 800/800 ノーマルレア
このカードが特殊召喚に成功した時、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。エンドフェイズ時まで、選択したモンスターのレベルを3つまで上げる。

これレベル誰でもあげられるんですよね。緊急テレポートからレベル6までもってこれるようになりましたし、レベル低いモンスターの横に呼び出して3エクシーズなんてこともできますね。相も変わらず引いた時の弱さはありますが。


LTGY-JP045「ガントレット・シューター」星6 地 戦士族・エクシーズ 2400/2800 スーパーレア
レベル6モンスター×2
自分のメインフェイズ時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを破壊する。

カエル強化その2。1ターンに1回じゃないのもガイドラになれるのも地味に守備固いのも全部が高性能。期待してますよ!!


LTGY-JP056「キングレムリン」星4 闇 爬虫類族 2300/2000
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。

王道ではカゲトカゲらしいですね。ぼくにはエーリアンモナイトしか見えてませんでした。今期はデモチェも強いのでエーリアン再興でしょうか。


LTGY-JP066「七星の宝刀」通常魔法 スーパーレア
手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、レベル7モンスター1体をゲームから除外して発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。「七星の宝刀」は1ターンに1枚しか発動できない。

征竜のサポート。2ドローしつつサーチまでできちゃいます。デメリットほぼなしなので強いですね。なんかほかにも使えないかなーとは考えましたが、今の時点では思考ストップ。



今回って専用サポート多いんですよね。使いたいカードは多いんですけど、使いたいカードが多いだけで汎用カードが多いわけではありませんでした。確実にカエル強化にはなっているので満足なんですけどね。
新弾のカードを探すときはこの辺も一つ目安にしてみてはいかがでしょうか。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM